engage
top of page
検索
  • Cregour

フードテックWeek2022年 幕張メッセを見てきた感想


飲食店、飲食業界を支える様々な会社の努力が結集した楽しみなイベント。

早速レポートしたいと思います。

なお、西日本の関西圏近郊の皆様はまだチャンスがありますね。

2023年3月8日~10日までインテックス大阪でも開催されるようです。



 
幕張メッセまで

京葉線という路線を使って、約1時間弱。「海浜幕張駅」で降りたら目の前が幕張メッセでした。会場までは徒歩3,4分というところ。

非常にアクセスもしやすかったです。

10時開始に対して、9:30頃駅に到着しましたが、既に会場に向かう人が結構いて、びっくり。大きなイベントなんですね!(田舎者、、、)




受付の仕組みにちょっと感動

会場に入ると、受付する機会がずらーっと並んで、なんだか、空港の発券機見たいでした!

予め申し込みした際に貰ったQRコードを機会にかざすと、次に名刺カードリーダーに名刺を入れてと表示されて、そのまま吸い込まれていきました。

次にいろいろ関連業界などの設問に答えるとバーコード付きの紙が印刷され、近くにあった首掛けフォルダーに入れたらパスが完成!

ちょっとこの仕組み感動です。非接触ですね!世間は。




会場にて。テーマはやはり非接触&DX?

会場は、非常に開始からにぎわっていました。

中でも気になった点を数点ピックアップします。



フードロボテックが多数でていた。

飲食店でもだいぶ目にするようになった、「配膳ロボ」、国内、外資で5社ほど展示されてたでしょうか。


  1. デザインがお洒落な物

  2. トレイの周りに透明の扉が付いていて、衛生的なもの

  3. 坂道をしっかり上がれるもの(段差超えるのが出てほしいかな)

  4. 中でもいいなーと思ったのは、トレイが振動軽減になっており、揺れに強い物がありました。

接客ロボってものもありましたね。

まだ、AI搭載ではないそうですが、あらかじめプログラムした応答をしてくれるというもの。



複数のデリバリーサイトを一括管理できるツール

Uber、Waltなどコロナでますます世の中に浸透した、デリバリーサイト。

数も増え、複数掲載される店舗様も増えてると思います。それを一元管理できるツールも魅力的でした。

メニューの更新、オーダーの管理など。

実用的なDXツールですね!



店舗分析ツール

店舗の顧客情報や、スタッフ管理をDX化するツールも面白かったです。



その他、、、


人材確保課題解決のツールがアイディア斬新でした。

何と、働いた分の給与を銀行から何時でも好きな時におろせるっていうもの。

労働者目線に立った仕組みで、でも、構造はシンプル。でもアイディアは斬新。

説明もとても楽しかったです。



自販機ブームも感じられた

最近はやりの冷凍自販機。後発メーカーとして先発メーカーの弱点を補強しているとの事で、中身も色々みせていただきましたが、工夫されており良かったです。

後は、ガラスの冷蔵庫でお客様がセルフで取って電子決済できるものとか。。。

時代はどんどん飲食DXですね!


番外編

なぞのブース

ブース内に数枚の文字だけのパネルとずーっと電話している外国人の方が1名。

しかもパネルは全て外国語で、、、


一体どんなメーカーさんだったのでしょうか?逆に気になりました。


最後に

ノベルティーいっぱい貰いました!良かったです!ではなく、、、


飲食業界を盛り上げようとする様々なアイディア、ビジネスモデル、成功してる商品を間近に見れるいい機会になりました。

大阪開催も出店企業が違ったりするみたいなので、楽しみです。


飲食店の皆様も時間見つけていかれてはどうでしょうか?

1時間あればザーッと最低限見て回れます。



閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page