engage
 
検索
  • info4391274

進化する飲食店向け”LINEの仕組み”

LINEは飲食店で数年前から、LINE公式の運用がトレンドになりました。お店のアカウントで集めたLINE友だちに対して、クーポンを発行したり、スタンプカードを提供したりできるのが魅力です。

一方、実際の店舗で運用を聞いてみると。。。


LINE公式の運用は「友だち」集めで失敗する












多くの店舗様は、友だち集めのため店頭、席にQRコードを設置し、申請特典などを用意して、友だち集めに奮闘されます。しかし、思ったほど友だちは集まらず、、、

その状況で、頑張って情報配信や、仕組みを作っても思うように集客が出来ず、運用そのものを諦めるケースが多いです。


そもそも、LINE公式とは一定量以上の「友だち」=顧客データがそろっていて初めてスタートラインに立つもの。

その、改善策は今まであまりなく、お店の工夫や、努力や、センスに頼って友だち集めをしなくてはならないのが現状でした。


LINEミニアプリの存在

LINEにはミニアプリというプラットフォームが存在し、各開発会社がそのプラットフォーム上で、アプリを開発し、LINEを通じてより、利用企業に有益な仕組みをもたらすことができるようになってきてます。


例えば、全店共通のポイントカードの発行、テーブルオーダーシステムなど顧客管理や、業務改善に役立つアプリが多数存在しています。


LINEミニアプリがただものではない理由

他のアプリにはない、LINEミニアプリの最大の武器は、「LINE」であることです。

「LINEであること?」それをご説明します。


まず、通常のアプリは、仮にアプリをお客様がダウンロードしたとしても、そのアプリ内に顧客データが溜まるだけで、結局アプリを削除されたらそれで終わりです。

でも、LINEミニアプリの場合は、ユーザーがお店の「友だち」として登録され、LINE公式を使って顧客管理ができる点が大きなメリットとなります。


しかもLINE公式には様々な機能が存在し、今までの顧客管理とは全く手間が違う自動管理設定もできる魅力もアリマス。


それでは、それぞれの構造や、機能を詳しく説明していきます。




テーブルオーダー

LINEミニアプリで注目すべきアプリは「テーブルオーダー」でしょう。

特徴としては、来店したお客様が各席にあるQRコードを読み取り、ご自身の端末でメニューを選びオーダーができる点です。

フロアの接客効率が向上する点はもちろんですが、さらに凄いのはこの先です。


ご注文された方は、お店のLINE公式に友達として追加される点が最大の武器です。

最低でも1グループ1名以上は友だちになるので、後日、情報配信などが可能になり、リピート促進できる対象顧客がどんどんたまります。


お店によっては、月に1000件の友だちが増えたなんて実績も耳にします。


増えた友だちに有益な情報配信をLINE公式で行う!

ライン公式アカウントは主にこのような機能がアリマス。

  1. クーポンやお知らせを配信できる

  2. お店のLINEにリッチメニューが作れる(WEBリンクなどを貼ったりできる)

  3. 友だちをグループ分けすることができる

  4. グループ毎にメッセージ、クーポンを自動配信設定ができる。

などが主な機能です。


まとめ

LINEミニアプリをうまく活用すれば

  • オーダーがスムーズになる

  • 友だちを増やすことができる

  • 来店客に情報配信が自動化できる

  • リピート顧客が増える

等が特徴です。

是非一度検討してみてはいかがでしょうか?



閲覧数:2回0件のコメント