検索
  • もぐ美

【集客に繋がる!】飲食店のDM(ダイレクトメール)・メルマガ作成方法 まとめ(2)

更新日:6月6日


この記事は8分で読めますので、ぜひ参考にしてみてください。


こちらは前回の続きです。

 →集客に繋がる飲食店のDM(ダイレクトメール)・メルマガ作成方法 (1) 


DMの種類や特徴、価格、効果的なDMを作成するためのポイントを知りたい方は前回の記事を参照してください。


◆この記事はDM集客に興味がある飲食店様におすすめの記事です。


 ✔ DMを使って集客したいが、やり方がわからない

 ✔ 効果的な配信方法が知りたい

 ✔ どのような本文を書けばいいかわからない

 ✔ どのようなデザインがお客様の「来店を促すか」知りたい

 ✔ 飲食店経営者

 ✔ 飲食店店長

 ✔ 飲食店業界マ―ティング担当者

 ✔ 広報担当者

 ✔ Web担当者

✔ 販促担当者


飲食店の皆様、DM(ダイレクトメール)での集客は試されたことがありますか?


売上を上げる手法の1つに、お客様へDMを送る方法があります。

クリスマスなどのイベント時や急遽お客様を集めたいとき、そんなときに役立つのがDMです。


こちらパート2では具体的に、郵便を利用したDMとEメールやメルマガなど電子媒体を利用した「DMの要素」、具体的な「構成方法」や各DMの「具体例」に着目し解説していきます。


※DM以外にも「簡単」にできる効果的な飲食店の集客アイディアを知りたい飲食店様は、

 こちらの記事を参照ください。

 →今飲食店集客で注目されている、飲食店のインスタ活用術 はこちら


※飲食店集客方法のまとめ資料

 →「無料」でできる6つの飲食店の集客方法はこちらからダウンロードできます。


広告費・販促費を見直して費用対効果を高めたい飲食店様は、費用対効果の測定をお手伝いいたします。広告・販促費シミュレーションのお申込みはこちら

目次

1. DMの要素 (ハガキを使ったDMの場合)

(1) クリエイティブ

Ⅰ. キャッチコピー

Ⅱ. あいさつ文

Ⅲ. デザイン

Ⅳ. イメージ写真

Ⅴ. 商品・サービスの説明

(2) 特典(オファー)

(3) 連絡先

(4) 測定


2. DMの構成(ハガキを使ったDMの場合)

(1) 視線誘導 N型Z型

(2) 構成の具体例


3. DMを構成する要素 (Eメールやメルマガを使ったDMの場合)

(1) クリエイティブ

Ⅰ. 件名

Ⅱ. 本文

(2) 特典(オファー)

(3) 連絡先

(4) 測定


4. DMの構成(Eメールやメルマガを使ったDMの場合)

それではさっそく解説していきます。


1. DMの要素 (ハガキを使ったDMの場合)

「行動」を促すDMには以下4つのパーツ(要素)が備わっています。

まずは各パーツを作成していきましょう。


(1) クリエイティブ


Ⅰ. キャッチコピー

ターゲットを惹きつけるキャッチコピーを考えましょう。

一目見て感情に訴えかけるような文を考えるとよいです。

擬音語なども使えますね。


(作り方のコツ)

自分の頭でゼロから考えると時間がかかります。

すでに売れている表現を合法的に借りるとよいです。

中吊り広告、グルメ本の帯、グルメ雑誌の表紙などを参照にすることをお勧めします。


Ⅱ. あいさつ文

Ⅲ. デザイン

飲食店のDMデザインのポイントは、瞬発的に美味しそう」、「食べたい!」という感情に訴えかけるようなデザインにすることです。

あなたのお店のすばらしさを「3秒」で伝える工夫をしましょう。


ポイント

✓瞬発的に「美味しい」、食べたい!を伝える

✓お店の雰囲気に合わせる

✓季節感

✓安さを押しだす場合は価格感

✓色で印象を作る

✓お店のイメージに合ったフォントを使う

✓読みやすさを重視しましょう。

 「明朝」より「ゴシック」の方が読みやすいです。

 電子媒体の場合、絵文字など文字化けの原因になる

 機種依存文字を使わないようにしましょう。

→ 紙媒体のDMの具体的なデザインは、別途コラムを作成していますのでお楽しみに。


Ⅳ. イメージ写真

飲食店のDMで特に写真はイメージをダイレクトに伝えることができるので重要なポイントとなってきます。

シズル感のある写真や季節感のある写真、ボリューム感のあるコース料理の写真を載せましょう。

お店の雰囲気が伝わる写真や、こだわりの新鮮な食材の写真を載せるのもいいですね。


→ 飲食店の写真の売上を上げる「映える」写真の撮り方についてはこちら


Ⅴ. 商品・サービスの説明

  その料理やコースを頼みたくなる説明を作りましょう。

例えば、どんな素材を使ったお料理なのかや、他店にない料理のこだわりなど、興味関心を惹きつけ、読み進めてもらえるようなコピーライティングをするとよいです。


→キャッチコピーの作り方はこちら【1-(1)-Ⅰ】


(2) 特典(オファー)


「行動」を促すために特典を付けてみましょう。

特典は最後の一押しとなります。


具体例:

割引:%割引、セット割引き、予約割引、昼割引、ハッピーアワーなどの時間割引など

限定:数量限定、期間限定、先着限定、会員限定など

プレゼント:○○プレゼント、ポイントプレゼント、増量プレゼントなど


おすすめの特典は「すこーしお得感」を感じられるものがいいです。


おすすめの特典

今すぐ行動したくなるもの

売上に繋がるもの


あなたが来店に迷っているとき、「こちらDM持参で〇%Off」と記載されていたら来店する気になりませんか?


成功するDMにはこのように今すぐ行動をしたくなるような仕掛けがされています。

ターゲットに合った特典を付ければ、より来店意欲を高め、「行動」を促すフックとなります。



(3) 連絡先


会社名、電話番号、住所、ホームぺージ行き方など、とにかくわかりやすく記載しましょう。


具体例

・イタリアン○○


・電話:

 フリーダイヤルならその旨記載

・メール:

・住所:行き方

○○駅から徒歩〇分

駐車場の有無

地図

・公式HP:

・営業時間:ランチタイム

ディナータイム

ラストオーダー


(4) 測定


測定するための仕掛けを作りましょう。

測定できないと効果があったかどうかがわかりません。

次回の施策へ活かすためにも効果測定できるようにしましょう。


例えば、「特典」を測定に利用するとよいです。

「DMをご持参で○○プレゼント」と記載し、紙媒体のDMであれば角を切り取れるようにしておくと、後からカウントすることができます。


特典がない場合でも測定できるように会計時に「今回はDMをみてご来店されましたか?」と尋ねてみることでカウントできます。


電子媒体を利用したDMであれば、クーポン番号を記載したり、計測タグをQRコードに埋め込むと測定しやすいです。


以上がDM作成の要素です。



2. DMの構成(ハガキを使ったDMの場合)


要素を整えたら、視線誘導を考え、作成した要素を埋め込んでいきましょう。


どこから読み始めていいかわからないと、読みずらく、読まれない可能性が高いです

人の視線の動きに合った配置にすることで、目に留まる、見てもらえる効果的なDMに仕上がります。


(1) 視線誘導 N型Z型




人の視線は無意識に、横書きの場合は左上から右下へアルファベットのZを描くように、縦書きなら右上から左下へとNを描くように移動します。

ですので、スタート時点とゴール時点に重要なものを持ってくるようにしましょう。



(2) 構成の具体例


横向きデザインのハガキの場合、具体的に要素をつめるとこんな感じになります。



3. DMを構成する要素 (Eメールやメルマガを使ったDMの場合)



「行動」を促すDMを作成するために、まずは各パーツ(要素)を作成していきましょう。


(1) クリエイティブ


Ⅰ. 件名

ポイント

●「どこからの」「何の」お知らせなのか、DMの主旨をはっきり伝えるような

  件名にしましょう。

●キャッチ―な言葉を入れましょう。

 まずは、メッセージを開いて内容を確認してもらうために、目を引きつけるような

 件名を考えましょう。


 →キャッチコピーの作り方はこちら【1-(1)-Ⅰ】


例1: 【10%OFFクーポン付き】○○店リニューアルオープンのお知らせ

例2: リニューアルオープン

旬の〇〇フェアのお知らせ

平日昼間のランチ営業開始

テイクアウト始めました

忘年会メニューのお知らせ などなど


Ⅱ. 本文

次に、本文を作成していきましょう。


①ターゲットへの呼びかけ(挨拶文)


②商品・サービス説明

 →商品・サービスのライティング方法はこちら【1-(1)-Ⅴ】